STAFF BLOG

冬の窓、サッシの研修中。窓の呼吸 その三

2022.03.09

こんにちは!
姫路市・加古川にお住いの方から多くご相談の連絡がある姫路市町田にある「外装リフォーム専門店」「外壁塗装・屋根修理」ハウスレンジャーの平山です。

三月に入り、春らしくポカポカ陽気とともに、職人やスタッフの天敵「花粉」がやってきております。

先日、ハウスレンジャーの平山が研修を受けていると、現場作業を終えた職人が研修の様子をじっと観察しています。内心『そんなにマジマジ見るなよ!』とも思いつつ、距離感が一歩一歩と近づき、前のめりになり聞き入っていました。

 

さて、なんの研修中なのか?

弊社は、塗装工事後にアフターメンテナンス(定期点検)を行い、経過を必ず確認しています。そんな点検中に、お客さまから「外壁がきれいになったら、ちょっとした汚れや不具合が気になってな‥」と、ご相談をいただきます。

点検時に遭遇するお困りごと

①カーポートの屋根・ベランダのポリカ屋根の汚れ具合や経年劣化が気になって、新しいものに交換できる?

②玄関ドアの色合いがちょっと。交換するなら、いくらくらい?

③サッシの色の変更

④寒い時期に多いのが、結露によるカビやシミなどのご相談

あげたらキリがないですが•••
その時の流行の外壁や色のトーンがあり、ナチュラルカントリー調が流行った時期もあれば、スタイリッシュなモノトーンが流行る時期もあります。新築当時に考えたサッシの色によっては、逆目立ちしているかと気になることもあります。流行の色やデザイン、好みが目まぐるしく変わり続けています。希望するように、交換すればよいと思いますが、ものによっては高額になります。せっかく塗装で新築のように蘇っても、さらに気になることが増えている現状。だからと言って、我慢するのではなく、何かいい方法はないか?と奮闘している日々です。

そんなとき、家の表(外観)がきれいになっても、住環境の快適さ性能も大切だと強く感じるようになってきました。

子供の頃、窓からの冷たい空気が寒くて寒くて、冬の窓のそばには近づかないようにしていたと妻が話しています。玄関戸はガラスの引き違い戸(昔の純和風の玄関戸、サッシはアルミ製)すき間風が入り、冬場になると室内でガンガンに石油ストーブを焚いていたそうです。

築年数を重ねているお家の窓に関する、ペアガラスではない・アルミサッシで、結露やカビのお困りごとに遭遇した時に、大掛かりな工事にならず、現状の形態を活かした窓サッシの新設工事が可能ではないかな?と、サッシ屋出身の職人さんに、みっちり2日間の研修を受けていたのです。妻も2日間、じっと聞き入っていました。

 

冬に暖房で暖めた熱の50〜60%近くが窓から逃げていってしまうそうです。冬のお家の中では、屋根からは約5%、外壁からは約15%なので、外気の出入りのほとんどが窓からということです。冬場、窓のそばに近づかない妻の行動には合点がいきます。

寒い冬を快適に過ごすための一つとして、窓の断熱性能を上げることについて勉強しています。

 

室内の住設の位置や風の抜け具合・通り道などにもよりますが、窓やサッシなどにご興味がある方は、一度ご相談ください。サッシのまるごと入替工事をしなくても、少しの施工時間で、快適な生活を送れるようになるかもしれません。

結露やカビでお悩みの方冬場のトイレやお風呂場が寒くて困っている方住まなくなった2階の窓など気になる方は、フリーダイヤルでご相談ください。

 

屋根塗装や外壁塗装をご検討したときに誰もがぶつかる疑問や心配なこと。
お住まいの気になるところ。

少しでも解決のお役に立てるきっかけになれたらと日々歩んでおります。

塗替え工事で後悔しないための住まいの勉強会(無料)』を店内にて随時実施しております。
感染症拡大のリスクを減らすため、個別予約にて承っております。

お電話または下記フォームから相談室の予約がしたいとお申し込み下さい!
ロゴ
0120-887-288

受付時間:9:00-20:00 土日祝でもOKです!

◆もちろん押しつけや押し売りの営業は一切いたしませんので安心してお越しください。

姫路市、たつの市、高砂市、加古川市、太子町にて多くの信頼と実績を積み重ねてきました。
屋根塗装、外壁塗装、防水工事、雨漏りのことならハウスレンジャーにおまかせください!

株式会社ヒラヤマ
住  所:〒671-2217 兵庫県姫路市町田166-6
営業時間:9:00〜20:00 土日祝でもOKです!

閉じる
ハウスレンジャー
フリーダイヤル®

\お気軽にお電話ください!!/

0120-887-288

受付時間:9:00-20:00 土日祝でもOKです!

見積もり依頼 来店予約
電話する 見積もり依頼 来店予約