COLUMN

ガイナの魅力を徹底追求① GAINAってどんな塗料なの?

2018.11.02

塗料

テレビのドキュメンタリー番組で取り上げられてから、
かなり広く認知されるようになった“GAINA (ガイナ)”。

そういえば、“GAINA (ガイナ)”って、塗装屋さんやリフォーム屋さんのチラシやホームページ広告でみかけたことがありますよね。

「GAINA(ガイナ)を塗って夏の暑さ、冬の寒さの軽減をしませんか?」
「省エネ塗料GAINA(ガイナ)で光熱費も節約!」

なんて、キャッチフレーズを目にしたことはないですか?

よく“ガイア”とも間違われているようですが、
『ガイアの夜明け』ではない“ガイナ”についてちょっとお話ししようと思います。

最近は、お客様からガイナ指定で、お見積り依頼をいただくケースが増えています。

・塗料をいろいろと検討しているが迷っているという方
・今年は酷暑だったから”ガイナ”について興味がある方

に、ぜひご一読いただけたらと思います。

 


ところで、ガイナって、どんな塗料なの?

どんな塗料なの?

日本のロケット開発で有名な宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、
H‐Ⅱロケットの機体と人工衛星を高温から守るため開発した断熱材技術。
その技術を民間用に転用されたのが“GAINA(ガイナ)”です。

なんとガイナは、
最先端の宇宙技術を応用した画期的な塗料」
だったのです!

断熱性・耐久性に優れたセラミックが、超微細なビーズとして塗料の中に無数に含まれているため、塗るだけでいろんな効果がある塗料です。

電子顕微鏡で見てみると、そのセラミックビーズが入っていることがよくわかります。

セラミック効果で省エネになったり、一年中快適に生活ができる手助けになったりする多彩な性能を持つ“ガイナの魅力”に迫ってみましよう。

 


魅力:遮熱効果で暑さの軽減

今年の夏のように、日中35℃以上の日が続くと、皆様のおうちの壁や屋根は、触るのが嫌になるくらい暑くなっています。
そして部屋を空けた瞬間のあのムッ~っとした不快な熱気は、なんとかならないのかと思ってしまいますよね。
そもそもなぜ部屋の中がこんなにも暑いとイライラが増すのだろうか?

「建物の熱が室内に入る」
→「室内も温室状態」
→「そのためエアコンの効きが悪くなる」
→「どんどん設定温度を下げてしまい」
→「エアコンがフル稼働」
→「フル稼働のエアコン室外機からも熱風がでる」
→「エアコンの消費電力が増える」
→「電気料金が倍増となり、家計に響く」

そんな悪循環を起こしてはいませんか?

しかし、電気代を気にしてエアコンを使用しないでいると、「熱中症」につながってしまう危険があります。
もし、その暑さからくるイライラが解消できたら、どうでしょうか?

それは、ガイナの「遮熱効果」で軽減できるかもしれません。

 


「遮熱」 について

近年、夏になると耳にするようになった「遮熱」について少しご説明します。
一言でいったら、建物が熱くなる原因の太陽の熱を反射するってこと。

全部が全部反射ではないですが、ガイナの場合その反射率が、他の塗料より優れており、建物に熱の侵入を抑制してくれます。
だから、屋根にガイナを塗ると、暑い日中でも手で触れるし、素足で歩くこともできるのです。

熱の侵入は、おうちの屋根や壁から太陽の日差しと共に高温となって入ってきます。
それを少しでも室内に入ってこないようにするのが「遮熱」です。

遮熱塗料は、各メーカーから出ていて、たくさんの種類があります。
その中で、なぜ”ガイナ”なのか?

答えは

「遮熱」「断熱」両方の機能を持っているからです。

それが可能なのは、特殊なセラミックビーズが入った塗料だからです。
トイレやお鍋、お茶の急須など様々なところで用いられているセラミックがガイナの遮熱効果を強化できるものなのです。

 


ガイナを塗装したお客様の声

お客様の声

ここで、実際にガイナを塗ったお住まいの省エネ効果がどれだけあったのか。
ひとつの声としてご参考までにご紹介いたします。

『ガイナを塗ってから、夏場の体感温度が下がり、
エアコンの設定温度が28℃でOKとなりました。
エアコンによる電気料金の負担が減少して、
家計にも優しくなったと実感しています。』

なんて事例がありました。

 

お施主様から省エネ効果を実感していただけたという満足の声をいただき、ホッといたしました。
実際に屋根の上でガイナを塗っていると、明らかに屋根の温度が下がっていることを経験しました。
また、塗る前と塗った後では、屋根の表面温度差が10℃以上ありました。

これはガイナを屋根に塗ったことによって、太陽の熱が吸収されるのを防ぎ、屋根材の温度上昇を抑えることができたので、その結果、暑さを軽減することができたのですね。

どれくらいの効果があるのかということは、人によって体感温度は異なり、それぞれの感じ方の違いもあって、
明確とはいえません。建物の構造によっても違ってきます。

ただ確実にいえることは、宇宙ロケットの先端部分を高熱から守るための断熱材技術から生み出されたガイナは、
優れた塗料であることは間違いありません。

そして、ガイナは

平成29年度の省エネ大賞

を受賞しました。
その点も含めて、省エネではお墨付きをいただいています。

今年のような、身体にも心にもそして家計のお財布のひもにも、負担がかかる猛暑。
その猛暑の打開策として、弊社がご提案するのが“ガイナでの塗替え”です。

省エネ効果を発揮する”ガイナ”を塗って、地球温暖化の影響などによって、
さらに過ごしにくくなるお住まいの環境を快適な空間に変えてみませんか?

まとめ

GAINA(ガイナ)は、特殊なセラミックビーズが大量に入った省エネ効果を発揮する塗料です。

熱の原因となる太陽光を反射して熱の侵入を抑制し、室内の温度上昇を抑えることができ、エアコンの効きがよくなりエアコン代の節約となって、そしてトータルコストを抑えられることにもつながります。

ガイナの遮熱効果を知ると、じゃ寒い冬はどうなのか。
今度は冬場が気になってきますよね。

次回のコラムは、【効果② 断熱効果で寒さの軽減】について、
塗る断熱材”と言われているガイナの一年を通じての魅力もお話していきたいと思います。