Q&A

傷みのお悩み

モルタルの壁にひび割れがあります。塗装だけでは不安です。どうしたらいいですか?

ひび割れがあるのであれば、ひび割れ箇所の具合も見ながら、下地処理を丁寧にすることが肝心。

 

なぜならば、ひび割れなどをそのままにしておくと、雨水などの水分がしみ込み、内部まで痛める可能性があり、湿気やカビの原因と考えられるからです。

 

まずは、丁寧に下地処理に取り掛かります。

そして、ひび割れ箇所をコーキングでしっかり補修します。

さらにモルタルの素材感を大切にするためにも、コーキングしたうえに砂利をなじませます。

これらの処理をしてから、塗装していけば安心です。

サイディング壁の傷み部分を発見…不具合が起きないか?心配です。

外壁材で多く使われている町で見かける家の壁のことで、心配ことがあったのですね。

まずは、落ち着いて、お読みください。

 

そもそも、サイディングとは、建物の外壁に用いられる材料の一つで、ボード状、パネル状の建材のことです。

漆喰やモルタル塗りよりも、施工が容易で、乾かす必要がないため、天候に左右されづらいというメリットもあります。

パネル状になっており、施工が短期間で完了し、工場生産で品質が均一で、デザイン、性能、価格と種類が多く、施工しやすい建材のため、現在では一戸建ての外壁工事の主流軸になってます

 

まずは、【サイディングの劣化の進行具合】

窯業系サイディングの変形

①始めに起こるのが弓状の反り

②変形していない他のものとの隙間ができてしまう浮き

③釘やビスで固定されている部分周辺からひび(クラック)

④ひびから割れ・欠け・剝れに進行します。

 

そのサイディング壁の劣化、損傷を放置すると水の浸入、雨漏りが起き、建物の重要な構造部分にも直接被害を与えるうえ、人の健康に影響を与えることがあります。

 

あくまで、可能性が0ではないということです。煽っているわけではありません。

 

   まずは現状を、専門的なアドバイスができるプロに、見て診断してもらいましょう。

 応急処置で可能とか、お客様で手直しができる場合は、教えてくれるはずです。

 また、補修工事は必要と判断され、その内容…一部分の補修なのか?大掛かりな工事なのか?

 納得できる場合は、業者にお願いしましょう。

 さらに、業者選びも心配という方は、数社から見積もりを取ることも業者を見極めるという意味では、手間がかかるかもしれませんが、手順としては大事なことかと思います。

 

 

 

 

ハウスレンジャー
フリーダイヤル®

\お気軽にお電話ください!!/

0120-887-288

受付時間:9:00-20:00 土日祝でもOKです!

見積もり依頼 来店予約
電話する 見積もり依頼 来店予約