Q&A

雨漏りのお悩み

雨漏りがします。外壁の継ぎ目のゴム部分のひび割れを発見!どうしたらいいですか?

壁の継ぎ目に使われているゴム状の部材を「コーキング」と呼びます。

これは雨などの侵入を防ぐことが目的の部材。

 

もし、ひび割れてしまったら、古いコーキングを完全にはがすこと。そのうえで打ち直しされるといいでしょう。

ベランダの床部が、ひび割れが目立ってきました。雨漏りが心配です。対処法は?

しっかりと厚みのあるFRP防水処理をされることをおススメします。

工程としては、アセトン(シンナー)を含んだタオルで汚れを落とします。丁寧に洗浄を行います。

次に、床を強化する繊維マットを敷き詰め、FRP樹脂を染み込ませます。

1回目のFRP樹脂が固まったら、もう1度FRP樹脂を塗布。

その後、滑り止めのガラスビーズを散布し、色付けしたら完成です。

台風や大雨のとき、2階天井や壁に雨染みが発生します。もしかしたら、屋上や屋根からの雨漏りかも?どんな施工がいいのですか?

屋上ということで、4層構造のウレタン防水工事がいいでしょう

まずは高圧洗浄で、しっかり汚れを除去。それから樹脂モルタル用の接着剤を塗り、樹脂モルタルを流していきます。

下塗り前にプライマーを全体に塗った後、中塗り、上塗りへ。

 

屋上でも3回塗り重ねることで、塗装に厚みがアップ。これで防水効果が上がります。

ハウスレンジャー
フリーダイヤル®

\お気軽にお電話ください!!/

0120-887-288

受付時間:9:00-20:00 土日祝でもOKです!

見積もり依頼 来店予約
電話する 見積もり依頼 来店予約